第11回国際タッチパネル展示会

2013年11月25日に中国の深圳で開催された『第11回国際タッチパネル展示会』には、約5万人が
訪れる盛況ぶりで、華台科技が展示したタッチパネル製造材料はその独自性と優れた性能で会場
の焦点となりました。特に、主力としてのOGSガラス加工技術は、高い問い合わせと注目を集め
、貼り合せ設備も会場で注目されました。
同時に、展示された新製品には、カネカのアクリル接着剤、ASコーティング材料と技術、感光性
銀ペーストなどもあり、多くの問い合わせを引き起こしました。